お土産をお探しなら沖縄産紅芋の販売を実施する【有限会社読谷山 尚】の商品がおすすめ!~紅芋の歴史~

お土産をお探しなら沖縄産紅芋の商品がおすすめ!

沖縄でお土産をお探しではありませんか?沖縄には、「サータアンダギー」や「沖縄そば」、「アグー豚」など多くの名産品がありますが、その中でも「紅芋」を使った商品おすすめです。

【有限会社読谷山 尚】では、沖縄産紅芋を加工した商品を販売しております。沖縄の自然の恵みを受けて育った紅芋を使用した「紅芋エキス」は、しっとりとしており、お肌にうるおいを与えるサポートをします。

今後【有限会社読谷山 尚】では、紅芋エキスの他、沖縄の素材を使用した数多くの商品を開発・販売していこうと考えております。沖縄県産品を使った商品にご興味がありましたら、ぜひ【有限会社読谷山 尚】をご活用ください。

沖縄産紅芋の販売を実施する業者をお探しの方へ~加工品を販売~

沖縄産紅芋の販売を実施する業者をお探しの方へ~加工品を販売~

沖縄産紅芋の販売を実施する業者をお探しでしたら、【有限会社読谷山 尚】をご利用ください。【有限会社読谷山 尚】は45年間研究を重ね、開発した加工品の販売を開始いたしました。

沖縄産紅芋のエキスと北海道十勝のブランド豚ホエー豚のプラセンタエキスを配合して誕生したエキスは、お肌を紫外線から守る強い味方です。さらっとした触感となっているため、紫外線が強い夏場でも快適に過ごすことができます。

紅芋エキスにご興味がありましたら、ぜひ【有限会社読谷山 尚】へお問い合わせください。

沖縄の名産品「紅芋」の歴史

沖縄の名産品「紅芋」の歴史

天ぷらやお菓子など、様々な調理方法が楽しめる「紅芋」は、沖縄の名産品として知られています。沖縄の名産品「紅芋」の歴史は、1605年に野国総管が中国の福建省から苗を持ち帰ったことが始まりだと言われています。

当時の沖縄は、気象災害により稲・大豆などの不作が続き、飢饉に陥っていました。飢饉からの脱出を図るために野国総管は紅芋の導入を行ったのです。紅芋は干ばつや台風に強く、水はけがよい沖縄の土壌に馴染んだことから、注目を集める存在になりました。

その後、儀間真常が栽培の普及に努め、紅芋は沖縄各地で生産されていくようになりました。

沖縄産紅芋の加工品を販売している【有限会社読谷山 尚】

会社名 有限会社読谷山 尚
住所 〒904-0112 沖縄県中頭郡北谷町浜川87
電話番号 098-936-4511
URL http://yuntanza.com/